お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5857

再診・その他のお問い合わせ

03-3341-8294

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

根管治療|新宿新南口(南口)徒歩2分の歯周病専門医が在籍する歯医者|有田歯科医院

お問い合わせフォームはこちら
有田歯科医院
有田歯科医院へのお問い合わせ:03-3341-8294

根管治療

根管治療っていったい何のこと?

「根管」とは、歯の中にある歯髄(神経や血管)の入っている細いトンネルのことを言います。

根管治療とは、根管の中の死んだ歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、消毒する治療のことを言います。

虫歯が歯髄にまで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。死んでしまった歯髄は取らなければなりません。しかし、まだ歯を抜くことはありません。この根管治療をきちんと行えばこの歯を助けることが出来るのです。

虫歯がしみたり、痛くなってしょうがない時、歯の神経を取ってしまえば今までの痛みがウソのように消えて楽になります。でも、痛みがなくなったからといって、虫歯が治ったわけではありません。むしろ、その後が肝心で、神経を取った歯が一生使えるかどうかはこの根管治療にかかっているのです。

根管治療の流れ

  1. 虫歯になった部分と、歯の上の部分に穴を開けます。
  2. 歯根の長さを正確に知る必要があります。短かったり長すぎたりすると、治療の成功率が低くなるといわれています。
    根尖孔(先端から約1mmのところ)までの長さを手指感覚とX線写真と電気測定器などを使って測ります。(根管長測定)
  3. リーマーやファイルと言う器具を用いて、死んでしまった歯髄や汚染された象牙質を取り除き、根管の中をきれいに削って形を整え、薬剤で消毒します。
    この時、歯の自己防御反応のため根管の中にはカルシウム、細菌の代謝産物などが硬く沈着して根管をふさいでいることが多く、時間をかけて丁寧に開けていきます。
  4. 根管を薬剤で封鎖する根管充填をしていきます。
    この時、根の先端まで緊密に薬剤を送り込まなければなりません。
    隙間が存在すると、その隙間に細菌や白血球の代謝産物がたまり、根の周囲に病巣が出来て周囲の骨が溶けてしまいます。(根尖病巣)

症例

術前

術前写真

レントゲンで黒く見える所が、骨が溶けて膿んでいる所です。

根管長測定時

根管長測定時写真

根管充填直後

根管充填直後写真

歯の根管を消毒し、薬を根の先端まで緊密に詰めます。

術後6ヶ月経過

術後6ヶ月経過写真

根の先端の病気が小さくなってきました。

術後4年経過

術後4年経過写真

4年後、骨は再生し、元通りになっています。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7302-5857

再診予約・その他03-3341-8294

診療時間
10:00~13:00
14:00~19:00

※土曜日は9:00〜13:00、14:00〜18:00までの診療です。

お問合せフォーム

PAGE TOP