お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5857

再診・その他のお問い合わせ

03-3341-8294

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

金属アレルギー|新宿新南口(南口)・新宿三丁目駅徒歩2分の歯周病専門医が在籍する歯医者|有田歯科医院

お問い合わせフォームはこちら
有田歯科医院
有田歯科医院へのお問い合わせ:03-3341-8294

金属アレルギー

私は、金属アレルギーでしょうか?

最近よく耳にするアクセサリーや時計による金属かぶれ。この代表的な原因に金属アレルギーがあります。お口の中に装着する金属も、さまざまな金属アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

金属アレルギーにより引き起こされる症状

お口の中の症状 口内炎、歯肉炎、口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬など
全身の症状 アトピー性皮膚炎、扁平苔癬、皮膚そう痒症、ステロイド皮膚症、掌蹠膿疱症など
  • 症状写真 ※閲覧注意

より安全な金属をご利用いただくために

一度お口の中に装着されたならば、半永久的に口腔内の人工臓器として活躍する金属製の詰めもの・かぶせもの。これらは、たとえどのような金属材質でつくっても、唾液により毎日お口の中に少しずつ溶け出しています。

そのためにも、お口の中に装着する金属には、患者さんご自身の体質にあった材料を特に慎重に選びたいものです。

  1. 診査
  2. パッチテスト
  3. お口の中の金属検査
  4. 診断
  5. 修復治療・交換治療
  6. アフターケア

金属アレルギーとひとくちにいっても、私たちの身のまわりには、いろいろな種類の金属があります。
どの種類の金属が患者さんの体質に合わないかを正しく調べることが、治療の第一歩です。

診査

ふだんから皮膚の弱い方、口内炎のできやすい方、金属を使用する歯科治療に心配のある方など、ケースに応じて全身のコンディションと共にきめ細かく診査を行います。

パッチテスト

検査薬を浸した絆創膏を皮膚を貼り、患者さんご自身の体質に合わない種類の金属を見つける検査です。
歯科用金属のほかにも、様々な材料の検査ができます。

お口の中の金属検査

パッチテストで見つかった、患者さんご自身の体質に合わない種類の金属がお口の中にあるかを調べる検査です。
お口の中にある金属製の詰めもの・かぶせものの表面をごく軽くこすって、粉のサンプルをとります。痛くありません。

診断

パッチテストやお口の中の金属検査をもとに、金属アレルギーの診断をいたします。

修復治療・交換治療

お口の中の金属検査で、体質に合わない種類の金属がお口の中に発見されたときは、体質に合った材料に置き換えることが望まれます。

また、新たに詰めものやかぶせものをお口の中に装着する場合も、体質に合わない金属は極力避けたいものです。

アフターケア

通常の歯科治療と同じく、金属アレルギーの治療も、アフターケアがとても大切です。
アレルギー症状は、全身のコンディションにより大きく左右されます。
患者さんご自身も日常の健康維持にご留意いただくと共に、必ず定期検診をお受けください。

金属を含有する品物

  • 水銀:歯科用金属・朱肉・マニキュア・体温計・電池など
  • ニッケル:歯科用金属・硬貨・アクセサリー・金メッキ製品の下地・時計など
  • クロム:歯科用金属・皮革製品・顔料・メッキ製品など
  • コバルト:歯科用金属・顔料・セメントなど
  • パラジウム:歯科用金属・アクセサリーなど

新し材料にも目を向けてみたい

従来の歯科用金属に代わり、金属アレルギーを起しにくい新しい材料が、歯科治療に使われるようになりました。

純チタンにより、上顎の取り外し式の義歯と、下顎の固定式のブリッジを製作した症例

金属を使用せず、セラミックスのみを用いて詰めものやかぶせものを製作した症例

純チタン治療・オールセラミックス治療は、適応できる症例に一部制約される場合があります。
詳しくは主治医へご相談ください。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7302-5857

再診予約・その他03-3341-8294

診療時間
10:00~13:00
14:00~19:00

※土曜日は9:00〜13:00、14:00〜18:00までの診療です。

お問合せフォーム

PAGE TOP