お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5857

再診・その他のお問い合わせ

03-3341-8294

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

金属アレルギー|新宿新南口(南口)徒歩2分の歯周病専門医が在籍する歯医者|有田歯科医院

お問い合わせフォームはこちら
有田歯科医院
有田歯科医院へのお問い合わせ:03-3341-8294

金属アレルギー

原因不明の皮膚疾患は口腔内に原因があるかもしれません。

金属アレルギーといえば、アクセサリーなど金属と接している皮膚部分に炎症を起こす接触性皮膚炎を思い浮かべるかもしれませんが、金属と接していない他の部分にも発症する全身性接触皮膚炎も頻繁にみられます。中でも歯科金属による金属アレルギーは、無意識のうちに誰にでも起こりうるもののひとつです。

■歯科金属がアレルギーを起こすしくみ

まず、金属アレルギーは金属そのものがアレルギーの原因(抗原)になるわけではない点を認識しておく必要があります。例えば歯科金属では、唾液に触れるとイオン化して血中に入り込み、皮膚や粘膜の蛋白質と結合することで生体的には存在しない異種蛋白となり、血液を通して皮膚に運ばれます。皮膚では皮膚免疫の中心を担うランゲルハンス細胞に取り込まれ、この細胞によって”異物”とみなされることで、金属と反応するリンパ球が局所のリンパ節で作られます(これを感作といいます)。感作が生じると、次にその金属が再び皮膚に運ばれた時に、ランゲルハンス細胞が過剰に反応します。これが金属アレルギーです。喘息やアトピー性皮膚炎が即時型アレルギーと呼ばれるのに対し、金属アレルギーは一般に遅延型アレルギーであるとされます。皮膚をはじめ、肺や肝臓にも影響を及ぼすことがあり、具体的には腎炎、喘息、過敏性肺炎、偽アトピー性皮膚炎、扁平苔癬、そして掌蹠膿疱症などが知られています。

■歯科金属アレルギーへの認識

歯科金属アレルギーが注目されるようになったのはごく最近のことです。その理由として、皮膚に症状が現れることが多いため、最初に皮膚科で診察を受ける場合が多いこと、また皮膚科医や歯科医の多くが、歯科金属がアレルギーの原因になるという事実を十分に認識していないことなどが挙げられます。
しかし最近、雑誌やテレビ番組などによって、ようやく歯科金属アレルギーと皮膚疾患の関連が報道されるようになり、医師や一般の人による認識も徐々に高まってきているようです。有田歯科医院でも、皮膚科などの一般医科や薬局などからの紹介、インターネットホームページ等を通じて相談を受ける機会が増えてきています。
もちろん皮膚や粘膜の異常が全て歯科金属アレルギーが原因ではなく、ごく一部でしかないことを頭に入れておくべきではありますが、歯の治療に金属の充填物を用いていて、なおかつ皮膚や口腔などに異常がみられる場合は、歯科金属が直接の原因であったり、症状の悪化を促進している可能性があるかと思います。毛髪の金属分析のデータで水銀が高濃度で検出され、歯科金属アレルギーを疑ってアマルガムを除去したところ、30年間治らなかった乾癬が半年で改善したという報告例もあります。

■掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは

手のひらや足の裏に無菌性の膿疱が多発する皮膚疾患で、30~50歳の女性に多いと言われています。皮疹は水疱で始まり、膿疱化する。膿疱ができると非常にかゆく、2~3日で乾燥し、かさぶたが形成され、やがて、崩れ落ちます。爪の肥厚、変型や変色もみられます。関節、腰、胸の痛みを伴う場合もあり、症状の改善と悪化が慢性的に繰り返されるのが特徴です。
症蹠膿疱症は、金属アレルギーや体のどこかの慢性感染病巣(歯周病や慢性扁桃腺炎、虫垂炎など)による細菌アレルギーが原因であると考えられています。金属が原因の場合、水分の豊富な環境でイオン化しやすいことから、汗腺が集中する手のひらや足の裏に発症するものと思われます。歯科金属や体内の感染巣が原因になるという認識がまだ社会的に広まっていないため、皮膚科を転々とする方も多数おられるようです。

PAGE TOP