お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5857

再診・その他のお問い合わせ

03-3341-8294

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

歯周病について|新宿新南口(南口)・新宿三丁目駅徒歩2分の歯周病専門医が在籍する歯医者|有田歯科医院

お問い合わせフォームはこちら
有田歯科医院
有田歯科医院へのお問い合わせ:03-3341-8294

歯周病について

歯周病とは

大切なのは予防、診断、そして適切な治療です。

口腔衛生習慣の改善により、 日本人の虫歯は減少してきました。
しかし、歯周病(歯槽膿漏)はあまり減少することなく、現在でも30才以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と呼ばれていました。

出血します。しかし、痛みは全くありません。
さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。
この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
そして、最後には歯が抜けてしまいます。

その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。
さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら非常に少ないことなどが考えられます。
一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

歯周病って治るの?

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメインテナンスです。

この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ言われてきた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。
まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。

  • 正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切なことです。
  • 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
  • 傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
  • 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状がありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

歯周病の進行

健康な歯肉

歯肉の色 薄いピンク色
歯肉の形態 歯と歯の間に入り込んで弾力があり、引き締まっている。ブラッシングでは出血しない。

歯肉炎

歯肉にのみ炎症が起きた場合で骨には影響が無い状態。

歯肉の色 赤みを帯びる。
歯肉の形態 歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。ブラッシングで出血する。

歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し歯肉に炎症をもたらします。
歯肉が赤く腫れだすと、腫れた歯肉と歯の間(ポケット)にますます歯垢が溜まり悪化します。

歯周炎

骨や歯と骨が接合している繊維(歯根膜)まで炎症が進んだ場合。

歯肉の色 赤紫色
歯肉の形態 歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮する。ブラッシングで出血や膿が出る。

歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。歯肉が退縮して、歯が長く見える。


健康な骨


崩壊した骨

炎症はさらに進み、ポケットは深くなり深部の歯垢中の細菌は毒性が強く骨(歯槽骨)を破壊し、溶かします。

歯周病の原因と特徴

原因は何?

歯垢から歯石へ、そして・・・

お口に中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。
これを歯垢と言います。歯垢1mgの中には10億個の細菌が住バイオフィルムみついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。

その中で歯周病をひき起こす細菌はポルフィロモナス・ジンジバリス、プレボテーラ・インターメディア、アクチノバシラス・アクチノマイセテムコミタンスなど10種類以上がわかっています。

また歯垢は粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません。
この歯垢の中で細菌が歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かすのです。

さらに、歯垢は取り除かれなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。
これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。

正しいブラッシングを身につけ、効果的に歯垢を取り除きましょう。

その他の因子

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 不適合な冠や義歯
  • 食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 薬の長期使用

歯周病の特徴は?

  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。

このような症状がひとつでもある人は程度の差はあれ、歯周病かも?しれません。すぐに検査を受けるべきです。

歯周病は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、気づかない内に進行してしまいます。

全身疾患

歯周病はさまざまな全身疾患のリスクになります。

歯や歯ぐきの健康はお口の中だけでなく全身と関係しています。
お口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むさまざまな病気を引き起こすことが知られています。
たとえば心臓病、肺炎、糖尿病、早産、などです。
歯周病は歯周病菌のかたまりである歯垢(プラーク)や歯石による歯ぐきの炎症ですが、たかがお口の病気とあなどってはいけません。
歯と歯ぐきの健康維持は全身の健康につながっているのです。

肺炎

歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。

心臓病

重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。また心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合もあります。

糖尿病

歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖のコントロールが難しくなり、さらに悪化してしまう可能性があります。

早産

歯周病菌による口腔内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こす可能性があります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確立が7倍にも成ると言われています。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7302-5857

再診予約・その他03-3341-8294

診療時間
10:00~13:00
14:00~19:00

※土曜日は9:00〜13:00、14:00〜18:00までの診療です。

お問合せフォーム

PAGE TOP